スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包茎は性病になりやすい?

海外の論文で「包茎はエイズに感染しやすい」というものもあります。 しかし、包茎の人が性病に感染しやすいというのは、本当なのでしょうか? 日本のように毎日お風呂に入ったりシャワーを浴びたりする習慣が無い国もあります。 つまり、包茎の人が性病に感染しやすいのではなく、ペニスを清潔にしていない人が性病に感染しやすいのだと私は考えます。

しかし、包茎の人が包茎ではない人と比べて恥垢が溜まりやすいのは事実です。 恥垢が溜まると悪臭を放つだけでなく常に湿った状態にあるので、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 雑菌が増殖することで亀頭包皮炎やコンジロームに感染することもあります。また、陰茎癌の原因にもなってしまいます。

過敏になり過ぎなくても大丈夫なのですが、常に清潔に保っておくことは大事です。 特に包茎の人は、お風呂で包皮を剥いて、恥垢を綺麗に洗い流す習慣をつけた方が良いでしょう。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

日本の包茎人口

日本の包茎人口の正確な統計はありませんが、数あるデータを総合すると「亀頭完全露出…約20%」「真性包茎…約3%」「仮性包茎…約77%」という数値になります。 世界的にも大体同じような割合になっているそうです。

また、銭湯や温泉等の公衆浴場では仮性包茎の包皮を剥いて亀頭を露出させて露茎のペニスのように見せている人が多くいるため、感覚的に仮性包茎の男性が少なく感じることもあるのかと思います。

包茎人口増加の原因に子供と父親とのコミュニケーション不足が挙げられます。父親とコミュニケーション不足のため包茎に対する知識を全くも得ないまま大人になってしまう場合が多いようです。 父親はお子様が思春期を迎え、一緒に入浴することを嫌がるようになる前に少しずつ包皮を剥くように教育するべきなのです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

嵌頓包茎(かんとん包茎)とは

カントン包茎は、真性包茎と違い、包皮を捲くると亀頭が表に出すことが出来るのですが、包皮口が狭いので勃起するとペニスが包皮に圧迫され、血流障害を起こして痛みが生じてしまうのです。

カントン包茎は、自慰行為を始める頃まで勃起回数も少なく、自覚症状も殆ど無いのが特徴です。 思春期頃から度々勃起するようになると、ペニスが大 きくなるに従ってカントン包茎による痛みも激しくなり、血行を妨げ、充血や血行障害による壊疽などを引き起こす可能性が高くなります。

カントン包茎の状態で、無理に性交をすることで、ペニスを傷つけて感染症になる危険性もあるばかりか、性交自体が困難となりますし、ペニスの壊疽を引き起こし、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねません。

真性包茎より危険な状態と言えます。 仮性包茎と思っていても、勃起する度に痛みが起き、その痛みが増すような傾向がある場合は、カントン包茎の可能性が高いです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。