スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包茎手術失敗の可能性

包茎手術というのは、簡単なイメージを持っている方が多いかと思います。 雑誌や、ネットの広告を見ると一切痛まずスグに包茎を治せるようなことが書いてあるのも原因の一つでしょう。

しかし、包茎手術は難しく失敗のリスクも非常に高いのです。 腕の良い泌尿器科の医師でも「包茎手術に絶対は無い」と言い切る難しさとがある言われているのです。

包茎手術において、包皮を切る長さというのは、長すぎず、短すぎず というものでなくてはいけません。 包皮の残りが長すぎると、亀頭に皮が被った状態になってしまうし、包皮が短く残ってしまうと、勃起したときに皮が足りなくなり、ペニスが突っ張ってしまい、痛みや違和感を感じることがあります。

そのため、事前に医師はペニスの膨張率などを測定し、包茎手術を必要があります。 悪徳な医師で、この工程を適当に済ませておくと包茎手術が 失敗する可能性がとても高まるという訳です。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

包茎手術で性感帯を失う

海外では、生まれた直後にペニスの包皮を切開する「割礼」という習慣があります。 しかし、切開する包皮には多数の神経終末があり、ペニスの感覚が失われてしまう可能性が非常に高いのです。

包茎手術でも、多数の神経終末を含む箇所を切開するため、ペニスの感覚が鈍くなる可能性が高いと言われています。 つまり、性行為時のペニスの感覚が、包茎手術を受ける前よりも鈍くなってしまう可能性が高いということです。

包皮には、亀頭を刺激から守る役割以外に「気持ちいい」という感覚を伝えるという役割もあるのです。 見た目だけを気にして包茎手術を受けようとしている方は、少し考えた方が良いと思います。 剥けているペニスは衛生的ですが、仮性包茎でも清潔にしていれば、それを充分に補えます。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。