スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵌頓包茎(かんとん包茎)とは

カントン包茎は、真性包茎と違い、包皮を捲くると亀頭が表に出すことが出来るのですが、包皮口が狭いので勃起するとペニスが包皮に圧迫され、血流障害を起こして痛みが生じてしまうのです。

カントン包茎は、自慰行為を始める頃まで勃起回数も少なく、自覚症状も殆ど無いのが特徴です。 思春期頃から度々勃起するようになると、ペニスが大 きくなるに従ってカントン包茎による痛みも激しくなり、血行を妨げ、充血や血行障害による壊疽などを引き起こす可能性が高くなります。

カントン包茎の状態で、無理に性交をすることで、ペニスを傷つけて感染症になる危険性もあるばかりか、性交自体が困難となりますし、ペニスの壊疽を引き起こし、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねません。

真性包茎より危険な状態と言えます。 仮性包茎と思っていても、勃起する度に痛みが起き、その痛みが増すような傾向がある場合は、カントン包茎の可能性が高いです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

真性包茎とは

真性包茎は、勃起する勃起しないに関わらず、亀頭が常に包皮で覆われている状態になっており、無理に包皮を捲ろうとすると、痛みが走る状態を言います。

勃起時には常に痛みが走る状態なので、SEXすることも困難です。 頑張って射精まで出来たとしても、充分な精子が出ずに、男性側による不妊の原因になることもあるのです。 成人であれば自覚症状で真性包茎だとスグに分かるものです。

包皮は、ペニスを細菌や感染症等から守る役割を果たしているので、生まれたての新生児は例外なく包茎の状態です。 しかし、成長して免疫力が付いてくると自然に包皮が捲れて包茎が治るものなので、専門医でも真性包茎とハッキリ診断するには思春期まで待って診断を下す場合があります。

成人になっても真性包茎の状態が続いている場合は、治療が必要になってきます。 真性包茎のまま放置することは、SEXが出来ないことを意味するので、個人で悩んでいる問題ではなく、夫婦や家族全体の問題ということになります。 長年不潔な状態が続けば、亀頭包皮炎や、陰茎ガン等の病気を起こす可能性もありますので気を付けて下さい。

真性包茎は、真性包茎矯正器具を使用すれば自宅でカンタンに数週間で治すことが出来るのです。 手術で包皮を切除するとペニスの感度が落ちてしまうことがあるので、真性包茎の場合は真性包茎矯正器具を使用することをオススメします。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。