スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮性包茎とは

仮性包茎は、非勃起時に亀頭が包皮に覆われていても勃起時には亀頭が出てきて、性交の際に痛みを伴わないという状態のことを言います。 しかし、仮性包茎は異常な状態ではありません。 人間以外の哺乳類の大半は仮性包茎の状態が正常な状態と言っても過言ではありません。

非勃起時は、包皮に亀頭が覆われて続けているため亀頭部分が刺激に敏感になりやすく、早漏になると言われています。 そして、普段からペニスを清潔にしておく必要がありますが、入浴時にペニスを石鹸で丁寧に洗う程度で充分です。 亀頭と包皮の間に尿や精液のカスが溜まるので、異臭がする場合もあります。

仮性包茎は、包茎に関する医学的な研究から、従来言われている不衛生や早漏の問題の他に、性感染症や性疾患、陰茎ガンに対する危険性が高くなるとの報告もあり、仮性包茎と言えども包茎治療を奨励する意見もあります。

しかし、手術を受けるとなると数十万~数百万円かかります。 そこで、包茎治療で推奨されているのが仮性包茎矯正リングなのです。 価格も平均3000円とお買い求めやすくなってます。 現在、仮性包茎は自宅でカンタンに治療出来る時代なのです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

包茎とは

ペニスの亀頭部分が包皮によって覆い尽くされている状態を「包茎」と呼びます。 諸外国と比べて日本人男性は、包茎が多いと言われています。 日本人男性の約60%が、包茎だとも言われています。

包茎は病気ではありませんが、亀頭部分が包皮によって覆い尽くされているため、亀頭部分に恥垢という白いカスが溜まりやすく、そのまま放置するとペニスが悪臭を放ったり、陰茎ガンに感染したりする可能性も出てきます。

包茎を治すのには包茎手術が一般的だと思われていますが、包茎手術は失敗するケースが多いうえに、多額の金額を請求してくるケースも増えてきているので、包茎手術を敬遠する人が増えてきています。 そういう人達は「包茎矯正器具」を使用して包茎を治療しています。

包茎矯正器具は、値段も安いうえに効果も高く、自宅で誰にも知られずに治せるというメリットが大きいです。 包茎矯正器具は、通販で簡単に購入することが出来るのでオススメです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。