スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の包茎人口

日本の包茎人口の正確な統計はありませんが、数あるデータを総合すると「亀頭完全露出…約20%」「真性包茎…約3%」「仮性包茎…約77%」という数値になります。 世界的にも大体同じような割合になっているそうです。

また、銭湯や温泉等の公衆浴場では仮性包茎の包皮を剥いて亀頭を露出させて露茎のペニスのように見せている人が多くいるため、感覚的に仮性包茎の男性が少なく感じることもあるのかと思います。

包茎人口増加の原因に子供と父親とのコミュニケーション不足が挙げられます。父親とコミュニケーション不足のため包茎に対する知識を全くも得ないまま大人になってしまう場合が多いようです。 父親はお子様が思春期を迎え、一緒に入浴することを嫌がるようになる前に少しずつ包皮を剥くように教育するべきなのです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

包茎とは

ペニスの亀頭部分が包皮によって覆い尽くされている状態を「包茎」と呼びます。 諸外国と比べて日本人男性は、包茎が多いと言われています。 日本人男性の約60%が、包茎だとも言われています。

包茎は病気ではありませんが、亀頭部分が包皮によって覆い尽くされているため、亀頭部分に恥垢という白いカスが溜まりやすく、そのまま放置するとペニスが悪臭を放ったり、陰茎ガンに感染したりする可能性も出てきます。

包茎を治すのには包茎手術が一般的だと思われていますが、包茎手術は失敗するケースが多いうえに、多額の金額を請求してくるケースも増えてきているので、包茎手術を敬遠する人が増えてきています。 そういう人達は「包茎矯正器具」を使用して包茎を治療しています。

包茎矯正器具は、値段も安いうえに効果も高く、自宅で誰にも知られずに治せるというメリットが大きいです。 包茎矯正器具は、通販で簡単に購入することが出来るのでオススメです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。