スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵌頓包茎(かんとん包茎)とは

カントン包茎は、真性包茎と違い、包皮を捲くると亀頭が表に出すことが出来るのですが、包皮口が狭いので勃起するとペニスが包皮に圧迫され、血流障害を起こして痛みが生じてしまうのです。

カントン包茎は、自慰行為を始める頃まで勃起回数も少なく、自覚症状も殆ど無いのが特徴です。 思春期頃から度々勃起するようになると、ペニスが大 きくなるに従ってカントン包茎による痛みも激しくなり、血行を妨げ、充血や血行障害による壊疽などを引き起こす可能性が高くなります。

カントン包茎の状態で、無理に性交をすることで、ペニスを傷つけて感染症になる危険性もあるばかりか、性交自体が困難となりますし、ペニスの壊疽を引き起こし、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねません。

真性包茎より危険な状態と言えます。 仮性包茎と思っていても、勃起する度に痛みが起き、その痛みが増すような傾向がある場合は、カントン包茎の可能性が高いです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。