スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包茎手術失敗の可能性

包茎手術というのは、簡単なイメージを持っている方が多いかと思います。 雑誌や、ネットの広告を見ると一切痛まずスグに包茎を治せるようなことが書いてあるのも原因の一つでしょう。

しかし、包茎手術は難しく失敗のリスクも非常に高いのです。 腕の良い泌尿器科の医師でも「包茎手術に絶対は無い」と言い切る難しさとがある言われているのです。

包茎手術において、包皮を切る長さというのは、長すぎず、短すぎず というものでなくてはいけません。 包皮の残りが長すぎると、亀頭に皮が被った状態になってしまうし、包皮が短く残ってしまうと、勃起したときに皮が足りなくなり、ペニスが突っ張ってしまい、痛みや違和感を感じることがあります。

そのため、事前に医師はペニスの膨張率などを測定し、包茎手術を必要があります。 悪徳な医師で、この工程を適当に済ませておくと包茎手術が 失敗する可能性がとても高まるという訳です。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

スポンサーサイト

真性包茎とは

真性包茎は、勃起する勃起しないに関わらず、亀頭が常に包皮で覆われている状態になっており、無理に包皮を捲ろうとすると、痛みが走る状態を言います。

勃起時には常に痛みが走る状態なので、SEXすることも困難です。 頑張って射精まで出来たとしても、充分な精子が出ずに、男性側による不妊の原因になることもあるのです。 成人であれば自覚症状で真性包茎だとスグに分かるものです。

包皮は、ペニスを細菌や感染症等から守る役割を果たしているので、生まれたての新生児は例外なく包茎の状態です。 しかし、成長して免疫力が付いてくると自然に包皮が捲れて包茎が治るものなので、専門医でも真性包茎とハッキリ診断するには思春期まで待って診断を下す場合があります。

成人になっても真性包茎の状態が続いている場合は、治療が必要になってきます。 真性包茎のまま放置することは、SEXが出来ないことを意味するので、個人で悩んでいる問題ではなく、夫婦や家族全体の問題ということになります。 長年不潔な状態が続けば、亀頭包皮炎や、陰茎ガン等の病気を起こす可能性もありますので気を付けて下さい。

真性包茎は、真性包茎矯正器具を使用すれば自宅でカンタンに数週間で治すことが出来るのです。 手術で包皮を切除するとペニスの感度が落ちてしまうことがあるので、真性包茎の場合は真性包茎矯正器具を使用することをオススメします。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて

包茎とは

ペニスの亀頭部分が包皮によって覆い尽くされている状態を「包茎」と呼びます。 諸外国と比べて日本人男性は、包茎が多いと言われています。 日本人男性の約60%が、包茎だとも言われています。

包茎は病気ではありませんが、亀頭部分が包皮によって覆い尽くされているため、亀頭部分に恥垢という白いカスが溜まりやすく、そのまま放置するとペニスが悪臭を放ったり、陰茎ガンに感染したりする可能性も出てきます。

包茎を治すのには包茎手術が一般的だと思われていますが、包茎手術は失敗するケースが多いうえに、多額の金額を請求してくるケースも増えてきているので、包茎手術を敬遠する人が増えてきています。 そういう人達は「包茎矯正器具」を使用して包茎を治療しています。

包茎矯正器具は、値段も安いうえに効果も高く、自宅で誰にも知られずに治せるというメリットが大きいです。 包茎矯正器具は、通販で簡単に購入することが出来るのでオススメです。

▼関連記事
2,980円の仮性包茎矯正リング「クマッキー」について
当サイトとのリンクについて


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。